セルライトのつきやすい部位

セルライトのつきやすい部位とはいったいどこでしょうか?

 

セルライトの出来やすい部分とは、

 

皮下脂肪の多い部分が特につきやすい!

 

下半身部分、特に太ももやお尻など、そして、二の腕などぜい肉が付きやすい箇所です。

 

なぜかと言いうと…

セルライトは、脂質細胞の比率が比較的たくさんある体の組織内で発達すると言われています。

 

脂質細胞にレセプタと呼ばれるものがあり、このレセプタ(受容体)は脂質が増加したり減少したりする役割りをしています。

 

男性と比較すると女性は、脂質細胞の中に、このレセプタが下半身に多り、結果的に太ももやお尻などは太りやすくなりやすいということになります。

 

レセプタの中で太ももの脂質細胞は、放出するものが1に対して貯ぞうは6と圧倒的に貯ぞうすろことが多いことがわかります。

 

脂肪を放出する抜け口は1つしかないのに、脂肪を貯蔵するはいり口は、抜け口に対して6倍もあるのです。

 

脂肪を蓄積する機能の方が圧倒的に強いということがわかります。

 

太ももお尻などの下半身が太りやすく痩せにくいということがいえますね。